PS3    PSP    ビリーズブートキャンプ    ブルーレイ    水着    デジカメ    家電    Wii    ZARD    グッチ    COACH    格安    

お役立ちツール

SEO対策ツール!


レンタルサーバー


おすすめリードメール

流石メール
一番人気のリードメールです!
Prize-Prize
メール広告・サイト内広告が高単価!
キングオブリードメール
配信多い!人気急上昇中!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


FC2カウンター


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


QRコード

QR

プロフィール

”よーぜふ”が書いてます。
よろしくお願いします。
由来は「ハイジ」の犬より・・・

DATE: CATEGORY:お小遣い
NHKの番組で、ネットの仮想空間の話題を取り上げていました。
仮想世界で商取引をし、それを現実のドルやユーロに買える事ができるらしいです。
今よく話題になっている「セカンドライフ」ですね。
私はこういう仮想空間に登録したことはないのですが、画像みるとすごい立体的ですね。
まあ最近のゲームとかも無縁なので、技術的にはこの程度は当たり前なのかもしれませんが、やっぱスゴ~。
こういうバーチャル世界との垣根が低くなっているのを実際に目の当たりにすると、ニュースとかで仮想と現実の混同をして犯罪を犯す例があるのもうなづけます。
少し前は、こういう仮想世界は遊びでしかなかったわけですが、経済的に垣根がなくなってしまうと発展速度が急激にアップすると思われます。
確かに、日常から離れたストレス解消の場としては存在価値があるとは思うのですが。
快感度は下がっても、コストや手間が省けるという分析は的を得ていると思います。
マーケティングの面から見ると、宣伝のため、企画を練るため、という段階から次の段階に移ろうとしているらしい。
20万円で新しい島を買い、区画を分け土地を貸し出し、生計を立てている例が紹介されていました。
東京ドーム70個分の土地を所有しているそうな・・・・。
現実通過と仮想通過(リンデンドル)の為替レートについても言及していました。
実際に換金されたシーンを見るとちょっと羨ましい・・・・。
仮想世界の経済は年10%で伸びているとのこと。
日本の高度成長期のような経済のフロンティアとしての世界。
TVでも述べていましたが、あくまで過渡期の成長であり、先に手を打った人が設ける仕組みは、現実世界でも今までのネットの発展過程でも同じですね。
次の時代を見越す力が重要でしょう。
スポンサーサイト


[PR] ★日本創芸学院「インターネット株取引講座」

[PR] ★月額105円~/容量最大60GB/機能満載! ロリポップ!レンタルサーバー ★

テーマ : インターネット - ジャンル : コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ネット生活 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。