PS3    PSP    ビリーズブートキャンプ    ブルーレイ    水着    デジカメ    家電    Wii    ZARD    グッチ    COACH    格安    

お役立ちツール

SEO対策ツール!


レンタルサーバー


おすすめリードメール

流石メール
一番人気のリードメールです!
Prize-Prize
メール広告・サイト内広告が高単価!
キングオブリードメール
配信多い!人気急上昇中!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


FC2カウンター


FC2ブログランキング


FC2ブログジャンキー


ブロとも申請フォーム


QRコード

QR

プロフィール

”よーぜふ”が書いてます。
よろしくお願いします。
由来は「ハイジ」の犬より・・・

DATE: CATEGORY:雑記
先日のauに続き、NTTドコモまでが「家族への国内通話が24時間無料」となるプランを発表しました。
実施は4月からですが、契約者数の多いドコモですから、かなりの影響力があると思われます。
古くからの携帯所持者はやはりドコモの人が圧倒的に多いでしょうし、家族で加入している人もやはり圧倒的に多い状況だと推測されます。
ソフトバンクのホワイト家族24に追随したのは明らかですが、auと同じく、収益ダウンへの影響も危惧されますので、この発表が吉と出るか凶と出るか。
「イー・モバイル携帯電話どうし24時間無料」を引っさげて、イー・モバイルが参入してきたのも、大きな脅威になったのではないでしょうか。
これによって、基本的にどこの会社でも家族間では無料とすることが可能になり、ソフトバンクの料金の優位性は多少薄らぐことになりました。
一方、ドコモはiモード付加機能使用料(月額)を現行の210円から315円に引き上げる方針です。
私は金額的にそれほど負担増になるとは思えないのですが、ユーザーからは不満の声もちらほら出ているようです。
他方、ソフトバンクは社員間音声通話の24時間話し放題無料「ホワイト法人24」を発表するなど常に先手先手を打つ積極性を維持しています。
また、郵便局株式会社の業務用端末として、ソフトバンク携帯電話約50,000台を順次納品することが決まるなど営業面でも果敢にアピールし続けています。
今後のイー・モバイルの拡大には要注目ですが、au・ドコモにももっと積極的な斬新な料金プランを期待したいですね。
スポンサーサイト


[PR] ★日本創芸学院「インターネット株取引講座」

[PR] ★月額105円~/容量最大60GB/機能満載! ロリポップ!レンタルサーバー ★

テーマ : 携帯サービス - ジャンル : 携帯電話・PHS

コメント

お久しぶりです!

よーぜふさん、お久しぶりです。
またまたすっかりごぶさたしてしまい、ごめんなさい。
今日からお小遣いの方再開しました。
心機一転ブログ名も変更!
よろしかったら、またよろしくお願いします♪

auもドコモも…なんですね。
知らなかった(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ネット生活 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。